庭の雑草対策にプロのテクニック導入|造園知識の宝庫

成人男性

時期を把握しておく

園芸

間伐だけでなく残った木々に関しても整備が必要になります。枝を切り落とす作業のことを剪定といいますが、これを行なうことでより木も美しく健やかに育てることができるのです。庭だからこそ綺麗な見た目にしたいものですが、そのためには剪定が必要不可欠になってくるのです。伸ばし放題にしてしまうといつの間にか自分の家の庭から枝が飛び出てしまい近所迷惑になってしまうこともあるのです。枯れ葉や枝で迷惑をかけないように時期に気をつけて剪定することが大事になってきます。剪定のプロなら高い場所もなんなく切り落としてくれますし、木々に適切な時期を見計らってくれるのでとても助かります。木には植えるべき時期というものがありますが、同時に剪定するのにふさわしい時期も存在するのです。

庭木の剪定時期は業者に聞けばすぐに分かります。自分でも剪定を申し込むタイミングを知っていれば業者への予約も取りやすくなってくるので、把握していると安心です。常緑樹の場合は6月頃と10月頃が剪定の時期とされています。春には萌芽が盛んに育まれ、6月頃までは枝木の成長も大きいです。それが落ち着いた頃を見計らって常緑樹は剪定するのが最適で、反対に10月頃はその夏枝の成長が止まりますのでこの時も剪定の時期となります。一方、針葉樹の場合は3~4月の春から10月が剪定するべき時期だといわれています。もし常緑樹と針葉樹の時期を勘違いしてしまうと成長を妨げる可能性があるので、業者への申し込みも気をつけて行ないましょう。