庭の雑草対策にプロのテクニック導入|造園知識の宝庫

成人男性

光が通りやすくする

男性作業員

日本にある森林はしっかりと管理されています。放置してしまうと事故や土砂崩れが起きる原因を発生させてしまうので、しっかりと対策をすることが大事なのです。管理の中には間伐という作業も含まれています。間伐とは生えている木を伐採して切り倒すことを指しています。なぜせっかく成長している木を切り倒すのかというと、木々の成長を健やかにするためです。木が成長すると枝や葉が生い茂ります。木々が生えている場所には影ができることから分かるように、木が密集してしまうと光が地面に当たらなくなってしまいます。そうなると成長がまだ完全でない若い木にとっては光合成がしにくい状況になってしまうのです。そのため、庭木を上手に育てたいのであれば間伐をする必要があります。

森林だけではなく庭木にも間伐は必要です。小さい規模だからといって放置してしまいがちなのですが、光が地面に当たらないという状況は庭にも起こりえます。そうなると背の小さな植物を植えて庭造りをしているという場合だと理想的な庭造りに影響が出てしまいます。もちろん広大な敷地に庭を作っているという人は必ず間伐を行なうべきです。日当たりの良い地面を作れば、二酸化炭素が多すぎず風通りの良い快適な庭にすることができます。夏の間伐だと木々の重量が重くなってくるので、独自で間伐を行なうことは避けた方が良いです。間伐のプロに任せれば安全に処理することができますし、伐採した木々の処分も簡単です。